カテゴリ:漢のまかない( 4 )

 

琥珀色の物語

日曜の朝、目を覚まして1階へ降りる
競馬新聞を読み耽る親父の傍らにはいつも

ネスカフェとクリープそして砂糖

俺もお気に入りの分量で自分のを入れる
大半はクリープと砂糖だったような・・・・


平日、少年達にとって給食の時間は戦いだ
「おかわり」のため最速完食を目指し
いただきま(す)の合図と共に
コンマ何秒を賭けて牛乳を一気飲みする

暗黙のルール、挑戦者の証

他者を蹴落とす妨害「変顔」は効果覿面
ツボって噴出した奴の顛末は悲惨極まりない

そんな時間、いとも簡単に静寂をもたらしたのが

ミルメーク

「牛乳嫌いなの」と悲しそうにするから
いつも代わりに飲んであげたあの子も
その日だけは美味しそうに飲んでたっけ・・・・


テストやら受験やら強制的夜更かしは苦痛だ
それをほんの少しだけネスカフェが忘れさせてくれた
クリープと砂糖の量は大分少なくなってたはず・・・・


「ブラックでいい?」
瞬間の迷いを悟られる前に「おう!」
当たり前を装う

苦い=大人の味
それを教えてくれたあの人は、今幸せにしているだろうか・・・・


ランチタイム、上司と喫茶店で過ごす時間は貴重だった
尊敬とは部下だから「しなければならない」のでは無い

あまりに大きな存在の前では「そうせずにはいられない」のだ

本物の男の格好良さと
作り置きの不味さだけはこのころ判るようになった・・・・


苦い方が偉いのか?濃ゆい方が偉いのか?
好きなのに「本当の味を知らない」
漠然とした悩みを長らく抱えていた

「真ん中の味がするやつが飲みたいんですけど?」
そんな変な問いかけに明解な答えを出してくれたのが

koffe

変に書くと胡散臭くなるので止めておく

濃ゆいのが好きなら黙ってマンデリンを飲んでみてほしい
これまでの概念に一撃をくれるはず・・・・


その豆で朝の一杯を注ぎながら想う
自分の子供が飲む最初の珈琲がこれとは、なんとも贅沢な話じゃないかと・・・・

a0117275_2024239.jpg

[PR]

  by sentirlessaisons | 2010-10-01 20:15 | 漢のまかない

自家製ジェノベーゼ

いい加減立ち枯れしてしまいそうなバジルの最終収穫分で
初めてジェノベーゼソース作りにチャレンジしてみました。

1、ワイルドにバジルの葉を毟りとり、洗って水気をきっておきます。
a0117275_12182448.jpg
2、スタイリッシュに松の実をフライパンでカラ炒りします(すぐ焦げるので手を止めない!)
a0117275_126224.jpg
3、セクシーにニンニク、オリーブオイル、塩、胡椒、と1、2をフードプロセッサーに投入
a0117275_126102.jpg
4、センチメンタルに蓋を閉じてスイッチON
a0117275_126173.jpg
5、少し塩気を利かせたパスタと絡めたらアッメイジィング!に完成です
a0117275_1262633.jpg

超簡単・・・なのにこの本格派?な味わいはタマリマセヌナ。
分量なぞ気にしないでお好きな塩加減、油加減で我が家の味をお探しください。
ちなみにAZ家は松の実を炒ると香りが強すぎてバジルに勝ってしまう気がしたので
半分を炒り、残りはそのままのハーフ&ハーフで投入しております。

や~イタリア男はずるいす。こんな簡単で美味しいものをハダけたシャツに笑顔で振舞われた日には
キュン♪とならない女性はおらんでしょ~

最近寝起きの顔がタカトシのタカに似てきたAが愚痴ってますよ。。。

VS
食欲をそそらない写真で申し訳ございません。
どなたかおいしそうに見える撮影法をご教授いただけませんでしょうか?
[PR]

  by sentirlessaisons | 2009-11-27 13:04 | 漢のまかない

ささ、通常営業ですよ

1ヶ月もお休みをいただいていたはずなのに
いつもよりもヘロヘロに疲れきった僕がいますよ・・・ども、Aです。

やわやわ営業再開させていただきましたアトリエで
最初のまかないは私、Aの16番・・・
a0117275_198354.jpg
「冷製 トマトスパゲティー」でございます。

自慢のトマトソースに生ハムと自家製バジルをあしらいまして
すっきり爽やかな味わい+ボリュームも満点な一品。

どうです?食べたくなっちゃいました? 
実はそんなあなた様に朗報が!

Aが種まきから手塩にかけて育てた自家製バジルを手に入れるチャンス!
詳細は次回 Aの登場を待て!


VS
ここ数日、言葉では表現しきれないほどの感謝とお礼の気持ちで満たされており、
これからどんな形で皆様にそれをお返しできるのか考え中でございます。
[PR]

  by sentirlessaisons | 2009-09-11 19:59 | 漢のまかない

どちらかと言えば淡々面ですよね・・・僕

ども、Aです。先日、所用にて有楽町に行ってまいりました。

その時ランチで久々に再会したのがこちら↓↓↓
a0117275_19583834.jpg
中国料理 小洞天 有楽町店 坦々麺(960円・・・くらい)

これが旨い!!!

肉味噌、三つ葉(みたいな物)、ゴマの香りが漂い
歯切れの良い麺、角煮風の厚切りチャーシュー
こってりとしたオレンジ色のスープを一口すすると・・・咽ますw
落ち着いてゆっくり食べ進めば決して辛すぎる事なく
深い旨みが口いっぱいに広がります。

痛い、辛(つら)いの次に辛(から)い物が大キライだったAが
自称「坦々麺ハンター」へと変身するきっかけになったこの一品
味の決め手は!

・・・言うのはやめておきましょう。是非一度、ご自身でご賞味ください。

VS
さらに旨い坦々麺を求め旅していると時折、不届きな奴等に出くわすことがあります。
ラーメンの上に真っ赤なラー油が広がっただけの「ラー油ラーメン(仮称)」
これを坦々麺と称して、平気な面で客に出すラーメン屋。それがまた少なくない・・・
皆様どうぞその点だけはご注意下さいませ。
[PR]

  by sentirlessaisons | 2009-06-08 21:23 | 漢のまかない

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE