カテゴリ:未分類( 36 )

 

母の日の贈り物

花屋にとって書入れ時のこの時期、まだまだ駆け出しの自分は恥も外聞も無く
注文数を増やすため、友人にダイレクトメールを送らせていただいております。

富山でオープンして数年、疎遠になりながらも毎年ご注文を下さる方もいらして
本当に「持つべきものは友」であると実感する今日この頃。

ただ近年、稀に友人からの注文が途絶えてしまう事があります。
買っていただけなくなってしまった?・・・・・・違います。

今年はもう 「受け取ってくださる方がいらっしゃらない」 のです。

昨年の履歴には確かに残っているお名前、ガキの頃に何度もお逢いしたことのある方だと尚更
胸に痛みが走ります。


結果的に最後となった母の日の贈り物がJUINのフラワーギフトだった・・・・・・


本日が作業のピーク。
Z氏と助っ人のM氏が懸命に花を活けています。
それをAが梱包、出荷作業します。
K氏は母が集中出来る様、頑張ってお留守番しています。

お客様それぞれの大切な想いが届くように
JUIN fleuriste一同、出来る限りのご対応をさせていただいております。

到着までどうぞ今しばらくお待ち下さいませ。

a0117275_152819100.jpg

[PR]

  by sentirlessaisons | 2012-05-12 15:21

灯る

夜、疲れた身体で帰路を急ぐ車中・・・・・・
消灯し、輪郭だけが月明かりに照らされた大きな総合病院の横を通る。

いつもは真っ黒な塊なのだけれど、今日はある一画だけが明かりを灯していた。
ここは病院だから・・・・・・そんな悲しい想像なんていらない。

あそこは陣痛室。
出産間近のママと家族が最後の試練へ挑む部屋。

我ら家族3人もあそこで過ごした夜があった。

「がんばれ」

ボソっと口に出すと、なんだか少し身体が軽くなったような気がした。。。
[PR]

  by sentirlessaisons | 2012-04-16 23:06

LIFE IS BEAUTIFUL

数次元先との交信も出来なくなり、歌う事すら忘れたバンドマンがいました
ただの人として生きる意味など解るはずもなく日々を浪費するばかり

バンドマンは頼りました
バンドとは関係なく、マンとしての「何か」を見てくれていた女性を

でも女性は言いました
「あなた自身が意味を見出さねば私といる意味もない」と

マン=男はこじつけました
「君と生きる事こそ我が人生」と


やがて、こじつけは歪みを生み
二人は共に過ごす中で一番の苦痛を味わいました

それでも二人は離れませんでした
その時働いた力をなんと呼べばいいのかは解りません


流れる時は水流のそれと同じように
毛羽立ちもトゲも少しずつ馴染ませていきました

そしてようやく
二人は生涯を共に過ごす事を神に、友に、己に誓いました


幸せな日々が続く中、二人は考えていました
出逢った意味、共に生きる訳、繋がれてきた命、残すべきもの

まだまだ未熟な二人のために運命は一つ動きました

「新しい命」
無知な二人は懸命にそれを受け入れようと勤めました


女性は母となる事の意味で悩みましたが無駄なことでした
考えなど及ばぬ優しさに心身を包まれ自然と「母の顔」になりました

男も父となるべく悩みましたが無駄なことでした
持ち前のだらしなさで女性を悲しませてしまう事もありました

それでも十月十日
迷い悩み苦しみながらも二人は互いの手を離しませんでした


2011年4月19日 二人は 三人になりました
a0117275_2336827.jpg

それから三ヶ月と少し
娘K氏はすくすくと成長し、細身の身体を活かしつつ寝返りから命がけの匍匐前進を試みる日々。
女性はますます母親としての優しさを増し、ここまで母乳のみでK氏を守ってくれています。

男も今更ながら一つ自覚しました  「自分はオス♂なのだ」と。

ただ残念な事に腕っ節に自信は無く縄張り争いは苦手、
狩りも下手で取って来る獲物の料も少ない・・・・・・そんなオス。
自覚したところで何をどうしたら良いのやら、自問自答の日々は続きます。

ただ男にもう迷いはありません


「死ぬまで生きる理由」は出来たからです。


まずは自分に出来ること
a0117275_23535576.jpg
アフターっ↓
a0117275_2354620.jpg
増設っ↓
a0117275_2354149.jpg

Z氏、K氏が住み良いように「巣」の手直しに追われる日々がまだまだ当分続きます。

最終的には訪ねて下さる皆様にも喜んでいただけるよう
改装作業も進行中ですのでアトリエ再開までしばしお待ちくださいませ!(期待せずにw)


VS、
自分に似てしまった娘にいつかそれを指摘される日が来ます
平謝りで許して貰えるかどうか今から不安でたまりません

アイプチをプレゼントしたら喜んでくれるでしょうか?・・・・・・
[PR]

  by sentirlessaisons | 2011-08-11 00:31

再生

肌を刺す北風に痛みを憶えると 草木は枯れ地は土色へ帰る

音を飲み込む白い時 季節は廻ると只信じて待つ

そうして漸く寒さが力を失う頃 不意に気づく

「君たちの方がまた先に 目を覚ます」 と 。



a0117275_0183985.jpg
紫陽花


a0117275_028113.jpg
ディル


a0117275_0293624.jpg
ゼラニウム


a0117275_032258.jpg
ミント


a0117275_0375771.jpg
ミニバラ


a0117275_0254957.jpg
三年目のペチュニア


a0117275_0195333.jpg
秋桐(アキギリ)


a0117275_033266.jpg
こぼれ種で咲いた紫蘇の力に負けじと芽を出すスイートメキシカン



自然の力。 猛々しき生命力。 時に猛威。



虚無に陥る程の痛みの中 気づく事は出来るだろうか
我らも本は 自然の一部であった事を


であればこそ今 強く信じ、願わずにはいられない


「我らにも又 芽を覚ます力があるはず」 と 。






PS.
千葉の実家に少々混乱はあったものの親族一同無事な自分達に
上っ面な涙は流せない。上っ面な慰めは言えない。

それでもHP、ブログを立ち上げてる以上
次へと続けていくために避けて通れるものではないと判断しました。

考えを文字にするのは本当に難しい。稚拙な文面をどうぞお許し下さい。
[PR]

  by sentirlessaisons | 2011-03-30 01:52

灯火

2010年、一言で言うならば
「己の本質と可能性を再確認した年」でございました。

それもひとえにAとZ氏を日々支えて下さっている皆様のお力添えあっての事
この場をかりて、心よりお礼申し上げます。

・・・私はアーティストではなく「クラフトマン」でありたい・・・
創ったものを身に着け、創ったものを食べ、創ったものに住む

もちろん自分で出来る範囲の事ですから完全自給自足など無理ですし
今の時代にあえて不便な生活をしようとは思いません。

次の行動へ移る時、精神的な部分でいつも大切にしている考え方です。
a0117275_1318478.jpg
そんな中年Aが今年最後に創りました渾身の一品 「白銀アイビー」
写真は成型した銀粘土を焼成している所。銀細工に命の灯る瞬間でございます。

品物は12月25日までコーヒー豆屋 koffe 様にて展示販売しております。
型を使わず仕上げておりますので、どれも世に一つだけの品。どうぞこの機会にご覧下さいませ。

創った本人が想像していた以上にご好評いただきましたようで大変うれしく感じております。
重ねて御礼申し上げます。

VS.
私事ですがZ氏のお腹に新しい命が灯り、来年は「ふぁーざー」になる予定と相成りました。
皆様におかれましては今後ともご指導ご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。
[PR]

  by sentirlessaisons | 2010-12-24 13:59

くみあわせ



かぼちゃにはローズマリー
豆乳にはコショウ
納豆にはワサビ

これはゆずれない組み合わせ
ぜひお試しください。

[PR]

  by sentirlessaisons | 2010-05-30 13:58

観劇

一度は生で見てみたい!と思っていた
美輪明宏さんの舞台を拝見した。
三島由紀夫さんの近代能楽集からの演目だったこともあって
おどろおどろしい世界かと思いきや
とても爽やかな舞台だった。

「葵上」はさすがに少し怖かったけれど
「卒塔婆小町」は、老婆役をやっている美輪さんに違和感を感じるような
麗しいエネルギーで満ち溢れていて素敵だった。
遠巻きながらの席にもエネルギーが伝わってくるようで
オーラってあるんだなぁと実感した。

音楽にしても演劇にしても
いろんなアートを見るにしても試してみるにしても
やっぱり生にはかなわない。

[PR]

  by sentirlessaisons | 2010-05-23 14:28

セージのてんぷら

温かくなって木の芽がどんどんと伸びてゆく中
セージのお手入れをしていたAさんが
おやつにと切り取った葉をてんぷらにしてくれました。

小さな葉のてんぷらは一瞬揚げるだけでパリパリ
あらかじめ衣に塩を混ぜてあるので
何もつけずに揚げたてをそのままいただきます。
美味しいです。

去年はニョッキのバターソースにはまって
ジャガイモとセージの香りを楽しんでいましたが
今年はハーブのてんぷらにはまりそうです。

今度は何の葉にしようかな???

[PR]

  by sentirlessaisons | 2010-05-01 18:24

のどを痛める


今年の冬は風邪がのどにきてしまって
ごくんとすることもためらうくらい
痛みを感じたりしていました。

先週からも油断をしていたようで
少しのどが乾くなぁと思っていたら
やがて痛みになり ひどい声です。

ただのどだけが調子が悪く
他はいたって元気なので
調子に乗ってしまい
とうがらしのきいたチキンなどを
いただいてしまいました。

眠る頃には息をするのも痛いくらい・・・
Aさんにも指で意思を伝える始末。

ちなみに私は薬局でも働いていて
ご相談を受けてお薬をお出しすることもあるのですが
のど痛で苦しんでいる方の気持ちがとってもよくわかりました。

百聞は一経験にしかず?
これからの仕事に活かしていこうと思います。

[PR]

  by sentirlessaisons | 2010-04-10 14:50

冬と雪山と信成

Q あなたの一番得意なスポーツはなんですか?
A ・・・・・ん~・・・・そうですね~・・・・・す、スノボ?

ども。Aでございます。

東京にいた時は無理にでも時間を作って行っていたスノボですが
「忙しいから」と富山に来てからは全然行かなくなっちゃいました。
逆に東京行くと必ず表参道からのお買い物コースは外せなくなってみたり
不思議なもんで「いつでも行ける」環境になると行かなくなっちゃうんですね。

そんなんでこの冬も雪山から遠ざかっていたのですがつい先日
いろんな意味で勘違いしたZ氏の「クロスカントリーやってみたい!」という一言で
?マークいっぱいのまま立山山麓へレッツ5-となりました。

スキー教室でインストラクターもされているZの親友S氏と現地で待ち合わせ
クロスカントリーがいかにハードなスポーツであるかをご説明いただき
ようやく理解したZ氏は無難にスキーで、AとS氏はボードで遊ぶ事にしました。

ただ「無難に」と言っても、ボールを投げれば確実に顔面で受け止めるZ氏・・・

「ウェアってどう着るんだっけ?」
レンタル屋のおばちゃんとS氏とA、総出でZ氏にスキーを装着
どんな悲劇が待ち受けていることかとAは心配でなりませんでした

>>ところがびっくり!<<
不安な眼差しで見守る二人の横を、常時ボーゲンのまま満面の笑みを浮かべ
「あはははは♪ たのし~~~~い~~~ーーー・・・」と
微妙にターンを繰り返しながら滑り降りてゆくZ氏がいるではありませぬか?!

>>どういうこと?<<
雪山スポーツをする方は解るかと思いますが
この手の競技はテクニックと度胸のせめぎ合いなところがありまして・・・
Aは忘れておりました・・・Z氏の心臓にふさふさの毛が生えていることを・・・

最終的には立山山麓スキー場の頂上から下まで、なんとか滑り降りることも成功。
○×年前に学校の授業で嫌々やって以来とのことでしたが身体もちゃんと覚えてたんですね
a0117275_11414938.jpg
リフトの乗り降りも問題なし。来年はウェアを買う気になったようです。



ところでAはと申しますと、華麗な滑りのS氏に負けじと、気をしきしめて挑んだものの・・・
a0117275_114639.jpg
想像以上に身体の衰えを実感し落胆・・・
言わないで下さい。わかってます・・・何とかしますよ・・・もちろん・・・ね・・・



vs
世界フィギュア高橋優勝で日本中が盛り上がる中、Aは信成が心配でしかたありません・・・
だってみんながA家と信成の顔が同系統や言うし、メンタルの脆さも他人事で無い気がして・・・
がんばれのぶなり~!!と声を大にするAなのでございました。
[PR]

  by sentirlessaisons | 2010-03-26 12:26

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE