LIFE IS BEAUTIFUL

数次元先との交信も出来なくなり、歌う事すら忘れたバンドマンがいました
ただの人として生きる意味など解るはずもなく日々を浪費するばかり

バンドマンは頼りました
バンドとは関係なく、マンとしての「何か」を見てくれていた女性を

でも女性は言いました
「あなた自身が意味を見出さねば私といる意味もない」と

マン=男はこじつけました
「君と生きる事こそ我が人生」と


やがて、こじつけは歪みを生み
二人は共に過ごす中で一番の苦痛を味わいました

それでも二人は離れませんでした
その時働いた力をなんと呼べばいいのかは解りません


流れる時は水流のそれと同じように
毛羽立ちもトゲも少しずつ馴染ませていきました

そしてようやく
二人は生涯を共に過ごす事を神に、友に、己に誓いました


幸せな日々が続く中、二人は考えていました
出逢った意味、共に生きる訳、繋がれてきた命、残すべきもの

まだまだ未熟な二人のために運命は一つ動きました

「新しい命」
無知な二人は懸命にそれを受け入れようと勤めました


女性は母となる事の意味で悩みましたが無駄なことでした
考えなど及ばぬ優しさに心身を包まれ自然と「母の顔」になりました

男も父となるべく悩みましたが無駄なことでした
持ち前のだらしなさで女性を悲しませてしまう事もありました

それでも十月十日
迷い悩み苦しみながらも二人は互いの手を離しませんでした


2011年4月19日 二人は 三人になりました
a0117275_2336827.jpg

それから三ヶ月と少し
娘K氏はすくすくと成長し、細身の身体を活かしつつ寝返りから命がけの匍匐前進を試みる日々。
女性はますます母親としての優しさを増し、ここまで母乳のみでK氏を守ってくれています。

男も今更ながら一つ自覚しました  「自分はオス♂なのだ」と。

ただ残念な事に腕っ節に自信は無く縄張り争いは苦手、
狩りも下手で取って来る獲物の料も少ない・・・・・・そんなオス。
自覚したところで何をどうしたら良いのやら、自問自答の日々は続きます。

ただ男にもう迷いはありません


「死ぬまで生きる理由」は出来たからです。


まずは自分に出来ること
a0117275_23535576.jpg
アフターっ↓
a0117275_2354620.jpg
増設っ↓
a0117275_2354149.jpg

Z氏、K氏が住み良いように「巣」の手直しに追われる日々がまだまだ当分続きます。

最終的には訪ねて下さる皆様にも喜んでいただけるよう
改装作業も進行中ですのでアトリエ再開までしばしお待ちくださいませ!(期待せずにw)


VS、
自分に似てしまった娘にいつかそれを指摘される日が来ます
平謝りで許して貰えるかどうか今から不安でたまりません

アイプチをプレゼントしたら喜んでくれるでしょうか?・・・・・・
[PR]

  by sentirlessaisons | 2011-08-11 00:31

<< 泣くのが嫌なら さあ歩け・・・・・・ 年輪を刻む植物は律儀だ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE