「ほっ」と。キャンペーン

母の日の贈り物

花屋にとって書入れ時のこの時期、まだまだ駆け出しの自分は恥も外聞も無く
注文数を増やすため、友人にダイレクトメールを送らせていただいております。

富山でオープンして数年、疎遠になりながらも毎年ご注文を下さる方もいらして
本当に「持つべきものは友」であると実感する今日この頃。

ただ近年、稀に友人からの注文が途絶えてしまう事があります。
買っていただけなくなってしまった?・・・・・・違います。

今年はもう 「受け取ってくださる方がいらっしゃらない」 のです。

昨年の履歴には確かに残っているお名前、ガキの頃に何度もお逢いしたことのある方だと尚更
胸に痛みが走ります。


結果的に最後となった母の日の贈り物がJUINのフラワーギフトだった・・・・・・


本日が作業のピーク。
Z氏と助っ人のM氏が懸命に花を活けています。
それをAが梱包、出荷作業します。
K氏は母が集中出来る様、頑張ってお留守番しています。

お客様それぞれの大切な想いが届くように
JUIN fleuriste一同、出来る限りのご対応をさせていただいております。

到着までどうぞ今しばらくお待ち下さいませ。

a0117275_152819100.jpg

[PR]

  # by sentirlessaisons | 2012-05-12 15:21

灯る

夜、疲れた身体で帰路を急ぐ車中・・・・・・
消灯し、輪郭だけが月明かりに照らされた大きな総合病院の横を通る。

いつもは真っ黒な塊なのだけれど、今日はある一画だけが明かりを灯していた。
ここは病院だから・・・・・・そんな悲しい想像なんていらない。

あそこは陣痛室。
出産間近のママと家族が最後の試練へ挑む部屋。

我ら家族3人もあそこで過ごした夜があった。

「がんばれ」

ボソっと口に出すと、なんだか少し身体が軽くなったような気がした。。。
[PR]

  # by sentirlessaisons | 2012-04-16 23:06

素敵なお買い物

アミューズメントパークや旅行などへ出掛けたご家族とよくある会話。

質問 「何かお買い物はされたんですか?」
回答 「う~ん結局、子供の物ばかりでね~」


ガキの頃Aがそれを聞いて考えていた事

「子供を持つと欲しい物が買えないんだ・・・・・・超~無理!!」


・・・・・・しかし容赦無く時は流れ・・・・・・Aもいつしか父親となりました・・・・・・


お蔭様で娘K氏は親族、友人、お客様にまで「誕生前から」可愛がっていただき
当の保護者が買い物をしなくとも必要な物が全て揃っている状況でございました。
(この場をお借りして熱く!御礼申し上げます!!)
すくすく成長し、もうすぐ10ヶ月。摑まり立ちでますます目が離せない毎日でございます。


そんな冬のある日、寒さに耐え切れなくなった父親Aは
自分のためにあったかパジャマを求めて某ユニ〇クロへ・・・・・・
目当ての品を手にレジへ向かう途中、ふと目に入りました・・・・・・

「ベビー用マイクロフリースあったかパジャマ」  しかも「半額♪」

その後、思考はさして必要とせず 「どの柄?」 「サイズいくつよ?」
目と手でワゴンの中を掻き分けておりました・・・・・・
選んだパジャマを着たK氏を妄想しながら・・・・・・

父は初めて娘に着る物を買いました・・・・・・

「なんだ?俺・・・今・・・」



「めちゃくちゃ幸せなんですけど!!」
a0117275_0421216.jpg




思い出したあの会話。 父親になって初めて気づけた事。 

あんな風に言っていたけれどみんな・・・・・・

「最高に素敵なお買い物をしてたんじゃないか」

[PR]

  # by sentirlessaisons | 2012-02-11 01:18 | 漢の愛

泣くのが嫌なら さあ歩け・・・・・・

【尻(しり)に火が付・く】
事態が差し迫って、追いつめられた状態になる。「納期が迫りとうとう―・いた」

【切羽詰(ま)る】
事態などが間近に迫ってどうにもならなくなる。身動きがとれなくなる。「―・って上司に泣きつく」

【土壇場】
1 近世、首切りの刑を行うために築いた土の壇。前に穴を掘る。土壇(どだん)。
2 決断をせまられる、最後の場面。進退きわまった状態。「―で話がひっくりかえる」「―に立たされる」

【背水(はいすい)の陣】
《「史記」淮陰侯伝の、漢の名将韓信が趙(ちょう)の軍と戦ったときに、わざと川を背にして陣をとり、味方に退却できないという決死の覚悟をさせ、敵を破ったという故事から》一歩もひけないような絶体絶命の状況の ...

【火事場のクソ力】
窮地に陥った際になどに大きな能力を発揮すること。火事場などで発揮される普段以上の力。

a0117275_7465283.jpg

[PR]

  # by sentirlessaisons | 2011-11-19 07:50 | 漢の技術

LIFE IS BEAUTIFUL

数次元先との交信も出来なくなり、歌う事すら忘れたバンドマンがいました
ただの人として生きる意味など解るはずもなく日々を浪費するばかり

バンドマンは頼りました
バンドとは関係なく、マンとしての「何か」を見てくれていた女性を

でも女性は言いました
「あなた自身が意味を見出さねば私といる意味もない」と

マン=男はこじつけました
「君と生きる事こそ我が人生」と


やがて、こじつけは歪みを生み
二人は共に過ごす中で一番の苦痛を味わいました

それでも二人は離れませんでした
その時働いた力をなんと呼べばいいのかは解りません


流れる時は水流のそれと同じように
毛羽立ちもトゲも少しずつ馴染ませていきました

そしてようやく
二人は生涯を共に過ごす事を神に、友に、己に誓いました


幸せな日々が続く中、二人は考えていました
出逢った意味、共に生きる訳、繋がれてきた命、残すべきもの

まだまだ未熟な二人のために運命は一つ動きました

「新しい命」
無知な二人は懸命にそれを受け入れようと勤めました


女性は母となる事の意味で悩みましたが無駄なことでした
考えなど及ばぬ優しさに心身を包まれ自然と「母の顔」になりました

男も父となるべく悩みましたが無駄なことでした
持ち前のだらしなさで女性を悲しませてしまう事もありました

それでも十月十日
迷い悩み苦しみながらも二人は互いの手を離しませんでした


2011年4月19日 二人は 三人になりました
a0117275_2336827.jpg

それから三ヶ月と少し
娘K氏はすくすくと成長し、細身の身体を活かしつつ寝返りから命がけの匍匐前進を試みる日々。
女性はますます母親としての優しさを増し、ここまで母乳のみでK氏を守ってくれています。

男も今更ながら一つ自覚しました  「自分はオス♂なのだ」と。

ただ残念な事に腕っ節に自信は無く縄張り争いは苦手、
狩りも下手で取って来る獲物の料も少ない・・・・・・そんなオス。
自覚したところで何をどうしたら良いのやら、自問自答の日々は続きます。

ただ男にもう迷いはありません


「死ぬまで生きる理由」は出来たからです。


まずは自分に出来ること
a0117275_23535576.jpg
アフターっ↓
a0117275_2354620.jpg
増設っ↓
a0117275_2354149.jpg

Z氏、K氏が住み良いように「巣」の手直しに追われる日々がまだまだ当分続きます。

最終的には訪ねて下さる皆様にも喜んでいただけるよう
改装作業も進行中ですのでアトリエ再開までしばしお待ちくださいませ!(期待せずにw)


VS、
自分に似てしまった娘にいつかそれを指摘される日が来ます
平謝りで許して貰えるかどうか今から不安でたまりません

アイプチをプレゼントしたら喜んでくれるでしょうか?・・・・・・
[PR]

  # by sentirlessaisons | 2011-08-11 00:31

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE